仮想通貨のすべて

仮想通貨初心者のための情報サイト

初心者は最低限これだけ覚えたい!仮想通貨チャートの基礎知識

仮想通貨チャートの基礎知識

初心者から上級者まで、仮想通貨の売買のタイミングを決めるのに欠かせないのがチャートの分析です。

これから仮想通貨のトレードを始める方は、

「チャートをどのように見ればいいの?」

「どのようなタイミングで売買をすればいいの?」

などと悩んでしまうかもしれません。

そこでこの記事では、誰でも簡単にチャートの基礎を理解できるよう、シンプルにわかりやすく解説していきます。

チャートとは

値動きをわかりやすくグラフに表したものを「チャート」と呼びます。仮想通貨だけでなく、投資全般で広く使われています。

チャート

提供:Tradingview

上のチャートは、トレードでよく使われる「ローソク足」と呼ばれる値動きと、「出来高(ボリューム)」と呼ばれる市場全体の取り引き量を表しています。これ以外にも様々な指標がありますが、最初はまずこの2つを覚えておくとよいです。

売買の戦略を練るために、値動きやその他のデータを観察するのがチャート分析です。テクニカル分析とも呼ばれます。

仮想通貨取引所の多くは多機能のチャートが付いているので、それを使って分析をすればOKです。その他のチャート分析サービスにお金を払う必要はありません。

チャートによる分析のほかに、「ファンダメンタル分析」というものもあります。例えば、「景気の動向」「プロジェクトの進行状況や将来性」などから売買の判断をすることはファンダメンタル分析の一つです。

ただし、仮想通貨では特に材料となるようなニュースがなくても大幅な値動きがあります。また、そもそもニュースに素早く反応すること自体が初心者には難しいというデメリットもあります。日本語で取得できる仮想通貨の情報には限りがあるためです。

ローソク足チャートの見方

仮想通貨のチャートは、株式やFXなどと同じように「ローソク足」というものを使います。

1日や1週間など、一定の期間ごとに価格の動きが区切られ、ローソクのような形のグラフに表現されているのが特徴です。

ローソク足とは

1日ごとの値動きを記録する「日足(ひあし)」のチャートを使って、ローソク足の見方を説明します。

日足のローソク足チャート
提供:Tradingview

1本のローソクが1日の値動きを表しています。上の図だと、一番左の緑色のローソクが3月1日です。下の数字が日付で、右の数字が価格を表しています。

ローソク足は普通、緑色赤色の2色に分かれています。

1日の間に価格が上がった場合は緑色の「陽線(ようせん)」、価格が下がった場合は赤色の「陰線(いんせん)」になります。
(日本国内のチャートだと陽線・陰線の色が逆になっていることもあります。)

陽線と陰線

また、ローソクの太い部分の端っこは「始値」「終値」を、細い部分(ヒゲ)の端っこは「高値」「安値」を表しています。

  • 始値(はじめね)…1日の最初の価格
  • 終値(おわりね)…1日の最後の価格
  • 高値(たかね)…1日のうち最も高かった時の価格
  • 安値(やすね)…1日のうち最も低かった時の価格

値動きが大きいほどローソクやヒゲは長くなります。

初心者はまず「日足」や「週足」から見るのがおすすめ

仮想通貨の投資を始めたばかりという方には、まず日足(ひあし)週足(しゅうあし)のチャートを見て分析するのがおすすめです。

初心者は中期・長期での投資がやりやすく、そこでよく用いられるのが日足や週足のチャートだからです。

別記事で解説する「トレンドライン」を使う際にも、日足や週足などの長い時間のチャートを見た方が外しにくいというメリットがあります。

ただし、短時間でチャートが大きく動き出している!という時には1時間足・4時間足などの短い足のものを見ることも必要になってきます。

短期投資ではさらに短い15分足・5分足・1分足を見て、少しでも安く買うためにタイミングを微調整することもあります。

仮想通貨チャートを長期で見るときはログスケールを使う

仮想通貨はこの10年でどんどん人気が高まっています。

昔は1ビットコインが1万円以下という時もあったのですが、現在では1ビットコイン600万円程度の価値になっています。

ビットコインの数年の値動き

提供:Tradingview

こうして普通のチャートを見てしまうと、2021年にとてつもない急上昇があり、それ以前の値動きは大したものではなかったように思えてしまいます。でも、実はそうではありません。

2020年10月→2021年4月:約6倍(100万円→600万円)

2017年6月→2017年12月:約7倍(30万円→220万円)

倍率の比較

投資の利益は「価格が何円上がったか」ではなく「価格が何倍になったか」で決まります。一見小さいように見える2017年の値動きが、実は2021年の値動きよりも激しかったのです。

普通のグラフだけでは、値動きの評価がしにくいことがおわかりいただけたでしょうか。

数年単位の長期的な目線でチャートを分析したい時は、ログスケールを使うのがおすすめです。

Tradingviewであれば右下の「ログスケール」をクリックすれば使えます。下のチャートは、全く同じビットコインの値動きをログスケールで表示したものです。

ログスケールのチャート

ログスケールでは「何円上がったか」ではなく「何倍になったか」でチャートの上下動が決まるので、昔の値動きを正しく評価できます。

長期的な目線で見て、「過去に暴落した時と似たようなチャートの動きをしている」などという分析がしやすくなるのがメリットです。

具体的なチャート分析の方法はこちら!
【初心者向け】仮想通貨の簡単なチャート分析方法