仮想通貨のすべて

仮想通貨初心者のための情報サイト

仮想通貨の販売所と取引所の違いは?取引所での売買がお得な理由を解説!

取引所でお得にトレード

仮想通貨取引所でコインを購入・売却する方法は2つあり、「販売所」または「取引所」で取引ができます。

この記事では、2つの方式の違いと、お得に仮想通貨を売買できる方法について解説します。

販売所は業者との取引、取引所は投資家どうしの取引

販売所では、投資する人が企業からコインを買ったり、企業にコインを売ったりします。仮想通貨を取り扱う企業は「仮想通貨交換業者」と呼ばれます。

販売所のしくみ

決まった価格で「買う」または「売る」だけの簡単なシステムになっているので、初心者でも簡単に投資ができます。

また、仮想通貨交換業者と直接やりとりするので、取引量の少ないコインでも「売りたい人がいないから買えない」ということが起こりません。

 

一方、取引所では、投資する人どうしでコインを売買します。仮想通貨交換業者は、取引所のサービスを提供して手数料を回収します。

取引所のしくみ

取引所は販売所よりもお得に売買できます。

ただし取引所の「板」や注文の種類を知っておく必要があるので、初心者の方には少しハードルが高く感じるかもしれません。

ちなみに、販売所・取引所での取引は「現物(げんぶつ)取引」と呼ばれ、実際にコインを買ったり売ったりする投資方法です。買ったコインは自分の物になるので、他の取引所やウォレットなどに送金することもできます。

一方、レバレッジ取引(FX)は実際にコインを買うわけではないので、コインが自分の物になるわけではありません。

現物取引・FX・レバレッジ取引の詳しい違いについては、こちらの記事をご覧ください。
仮想通貨の現物取引・レバレッジ取引(FX)の違いをわかりやすく解説!

お得に仮想通貨を売買できるのは取引所

「取引所だと手数料がかかるから、販売所の方が安く買えるんじゃないの?」と疑問を持った方もいらっしゃるかもしれません。たしかに販売所の手数料はゼロのサービスがほとんどです。

ただし、販売所では「スプレッド」と呼ばれる購入価格と売却価格の差があります。

例えば「1コインを販売所で買う時の値段は101円で、1コインを売る時の値段は100円」といった感じです。

スプレッドのしくみ

この価格差が交換業者の利益になっています。

販売所のスプレッドは通貨の種類によって異なりますが、数パーセントの差があることが多いです。

一方、取引所の手数料は0.1パーセント以下であることがほとんどです。

長期投資をするのであれば両者の違いはさほど気になりません。しかし短期の投資では手数料が利益を大きく左右するので、取引所での売買がおすすめです

取引所の「板」の見方や注文の種類については、こちらで解説しています。
仮想通貨取引所での注文の種類をわかりやすく解説【成行・指値・逆指値】