仮想通貨のすべて

仮想通貨初心者のための情報サイト

仮想通貨の現物取引・レバレッジ取引(FX)の違いをわかりやすく解説!

現物取引とレバレッジ取引の違い

仮想通貨の取引には様々な種類がありますが、国内の取引所で多くの方が行っているのが「現物取引」「レバレッジ取引(FX)」の2つです。

この記事では、2つの取引の違いについてわかりやすく解説します。

現物取引は通貨の実物の取引

現物取引では、仮想通貨の実物、コインそのものを売買します。(と言っても、日本円の100円玉のようなものがもらえるわけではありません)

例えば600万円で1ビットコインを購入すれば、1ビットコインは購入した人のものになります。

買った通貨は自分の物になるので、通貨を他の取引所やウォレットなどに送金したり、買い物や手数料の支払いに使ったりすることもできます。

現物取引は販売所・取引所で行うことができます。販売所と取引所の違いはこちらの記事をご覧ください。
仮想通貨の販売所と取引所の違いは?取引所での売買がお得な理由を解説!

取引所を使う時に覚えておきたい注文の種類はこちらの記事で解説しています。
仮想通貨取引所での注文の種類をわかりやすく解説【成行・指値・逆指値】

レバレッジ取引(FX)は売買の価格差で利益を狙う取引

レバレッジ取引(仮想通貨FX)は現物取引と違い、通貨の実物を手に入れることはできません。売買の価格差で利益を得ることだけを目的として取引をします。

例えば1ビットコインが600万円の時に買い注文を入れておき、1ビットコインが700万円に上がった時に売り注文を入れれば、差額の100万円分が利益になります。

現物取引と比較すると、レバレッジ取引のメリットは2点あります。

自分が持っている資金以上の取引ができる

レバレッジ取引では、自分が預ける「証拠金」と呼ばれるお金の数倍の取引が可能です。これは、仮想通貨の実物を取引しないからこそ可能になっています。

例えば1万円分のコインが3万円に値上がりした時、現物取引では2万円の利益ですが、レバレッジ2倍の取引では4万円の利益を上げることができます。

少ない資金でも効率の良い取引ができますが、仮想通貨相場は価格変動が大きく、リスクが高くなってしまいます。初心者がレバレッジの倍率を上げることはおすすめできません。

通貨の価格が下がる「下落相場」でも利益を上げることができる

仮想通貨の価格が下がりそうな時、レバレッジ取引(FX)であれば「ショート(空売り)」と呼ばれる取引によって利益をあげることができます。

ショート(空売り)とは「先に売り、後で買う」取引です。通貨をまったく持っていない状態でも売ることができます。

例えば1ビットコイン600万円の時にショート(空売り)して、その後1ビットコインが500万円に下がったところで買い戻した場合、差額の100万円が利益になります。

レバレッジ取引を「仮想通貨FX」などの名称で行っているサービスもありますが、レバレッジ取引と仮想通貨でのFXはほとんど同じ意味です。CFD(差金決済取引)とも呼ばれます。